ウィッグを買って失敗した感想に学ぶ

前回の続きで、今回はウィッグを買って失敗したという感想もまとめてみました。

前回は良かった点をまとめてみて、本当にヘアーウィッグって良い点ばかりじゃないのと思うことばかりで、失敗したという感想まとめても意味ないんじゃ?とも思ったのですが、やっぱりまとめてみました。

なぜなら、失敗したという感想もまとめてみることで、自分の失敗を避けるのに役に立つかなと思ったからです。

ですので、感想のまとめを見て「なんだじゃあやめておこう」ではなくて、「なるほど、こういう点に気を付けると良さそうかな」という視点で見ていただければと思います。

では、さっそく

ウィッグを買って失敗した点

・買った髪型やカラーが似合わなかった。
・明るい日光のもとでは艶などが不自然で、だんだん使わなくなってしまった。
・秋冬は良かったけど、暑いとき(夏など)につけたら、蒸れて頭がかゆかった。
・髪がすぐに絡まってしまい、次に使うときに困った。

などなど

正直なところ、良かった点に比べると、個人的な理由?が多くて、まとめるのが難しかったのですが、だいたい以上のようなことが多かったです。

そして、失敗したっていう感想をよく考えてみると、あらかじめ予防できる失敗も多いんですよね。

例えば、ウィッグの髪が絡まってしまって困ったというのは、ある程度の品質のものを着用前後のケアをすることで予防できます。
ウィッグスタンドとかコームとかウィッグスプレーなどのケア用品も同時購入しておけば良いわけです。

艶が不自然というのも、ある程度の品質のもので暗めのカラーであれば、ものすごく目立つほどでもないし。
この辺は、値段が高ければ良いということもないので、ショップの購入者の感想などである程度予想しておけば、大きなはずれも無いかなと思います。

高くても不自然なことはありますし、ウィッグをつけてると思わなくて、後でウィッグだと知らされて、値段を聞いたらなんてリーズナブルなお値段で、ということもあります。
案外、本人の気にし過ぎということもあるかもしれませんしね。
いざとなれば、帽子を被れば目立ちませんし。

明るめだと、元々、顔によっては不自然というケースもありますので、そんなことも含めて、最初は思っているよりワンランク暗めのカラーを選んでおくと失敗しにくいと思います。

地毛で失敗したら、取り返しがつきませんが、ウィッグならちょっと冒険もできます。
カラー交換が可能なショップなら交換をお願いすれば済みますしね。
失敗が怖いというよりも、「試しにやってみようか」ぐらいの気持ちでチャレンジできるのは、むしろ良い点かもしれませんね。

2013年9月17日 コメントは受け付けていません。 未分類