バレにくいウィッグを見極めるポイント

手軽にいろいろなヘアスタイルにチャレンジできるウィッグ。
染めるのと違って髪も傷まないし、手間もかからず本当にお手軽。

季節に合わせてショートからロングまでいろいろ楽しめるのですから、使わない手は無いですよね。

「でも、ウィッグってバレバレだとちょっと恥ずかしいかも」そんな心配もあるかもしれませんね。

確かに、あまりにも安すぎるウィッグとかだと、いかにも被ってますという感じのものもありますから、注意が必要です。
ウィッグが自然に見えるかどうかのポイントは、「光沢」と「つむじ」です。
人毛に比べると人口毛の方がちょっと光沢が強くて不自然にテカリが出ているものもあるようです。

もうひとつ、意外と見落としがちなのが、つむじの自然さです。
つむじが不自然な感じになってしまっていると、やはりいかにもウィッグという感じになってしまいます。

最近では、人口毛でも自然な光沢のものも出てきているようです。
また、多少光沢が強い場合、マットワックスなど使うことで、少し自然に見せることもできます。

つむじに関しても、人工皮膚で自然な感じに仕上げているものも出てきています。
どうしても気になる場合は、帽子を被るなんてのもおしゃれでいいかもおしゃれでいいかもしれませんね。

2013年8月29日 コメントは受け付けていません。 未分類