人工毛ウィッグが長持ちするお手入れ法(着用後)

前回は、人工毛ウィッグ着用前の簡単お手入れを紹介しました。
続いて今回は、着用後のケアについてご紹介します。
着用後にすぐしまわずに、お手入れをしてからしまうことで、良い状態で使えるし、長持ちもしまうので、しっかりケアしましょう。

着用後のケアも基本はブラッシングです。
この時もウィッグスプレーを使います。
汚れや傷みなどをチェックしながら、優しくブラッシングしていきます。
特に、襟足の辺りにできやすい、毛のもつれに注意してください。

その後、一晩陰干ししますが、その時にウィッグスタンドなどを使うと、風が良く通り型崩れもしないのでおすすめです。ウィッグスタンドがなければ、洗濯バサミやハンガーなどで吊るすのでも大丈夫です。

陰干しが終わったら、頭の形がつぶれないように詰め物をして、ウィッグ保護ネットをかけて袋に入れます。
袋は空気穴のついたジッパー付のものだと便利です。
できれば、袋だけではなく、さらに箱に入れたり、厚紙で周りを囲ったりしておくと型崩れの防止にもなります。

以上、人工毛ウィッグのお手入れ方法を紹介しましたが、ちょっとしたことで良い状態をキープできます。
ちょっと面倒と感じるかもしれませんが、簡単なケアですので習慣にしてしまいましょう。
せっかく見つけたお気に入りのウィッグですから、長く良い状態で使いたいものですね。

2013年9月4日 コメントは受け付けていません。 未分類